ものづくりマイスター事業

ものづくりマイスターの活用

 「ものづくりマイスター」として認定を受けた者が、技能競技大会の競技課題等を活用しながら、中小企業や工業高校・教育訓練機関等における実技指導など、広く若年技能者への技能指導等を行うことにより、効果的な技能の継承や後継者の育成を行う。

具体的な事業内容

 実技指導は、最適の「ものづくりマイスター」を選定し、技能競技大会の競技課題や技能検定試験問題等を基にした訓練指導を行います。
 当県においては、中小企業、教育訓練機関からの訓練指導のニーズが高いと思われる建築大工、機械加工、電気溶接等を重点的に指導を行います。
 また、ものづくりマイスターの指導後には、指導内容、技能レベルの向上の度合い等の成果、今後の課題等を記録するとともに、当該内容を受講生に対して、効果的に伝え、訓練の促進を図ることとします。

中小企業の若年者を対象とした実技指導

 各種技能競技大会の課題や技能検定試験課題を活用した実技指導を行い、基礎技能の拡充を図り、若年技能者の技能向上に寄与します。中小企業及び教育訓練機関においては、競技大会を活用した人材育成に取組む意欲はあっても、当該企業等の指導者が十分な技能、ノウハウ等を有していない場合などがあります。
 当該中小企業等の人材育成、訓練計画等に対して必要に応じて相談・援助を行うとともに、「競技大会を活用した人材育成のモデル企業」(取組後、人材育成の成果等を好事例として紹介)として位置付けることが可能である場合には、当該成果を取りまとめのうえ、今後の指導等において活用します。
 訓練・指導において必要な汎用旋盤等の設備は、中小企業においては自社で確保できない場合も多く、当協会が、公共職業能力開発施設とのネットワーク等を活用し、公共職業能力開発施設における訓練時間後での借用などにより確保します。
 また、技能検定課題を活用した訓練についても、上記に準じて実技指導を行います。

詳細はこちら

工業高校等の生徒を対象とした実技指導

 各学校、施設の年間教育・訓練カリキュラムと十分調整を図りながら、ものづくりコンテストや技能検定試験をめざした、基礎技能をしっかり向上させる実技指導を展開します。
 特に、技能検定試験に関連する技能の実習指導を充実させ、技能検定受検の促進につなげたいと考えます。

詳細はこちら

地域の教育機関関係者・児童生徒等に対する「ものづくりの魅力」の発信
(目指せマイスタープロジェクト)
  1. 児童生徒に対するものづくりの魅力講座の実施
     県民局単位で小中学校及び普通高校へキャラバン隊としてものづくりマイスターを派遣し、講義を行い、間近で熟練者の実演を見ることに加えて、技能職種固有の技を使ったものづくり体験を経験することにより、技能の魅力と各職種(しごと)の役割を考える授業を実施します。
  2. 学校の教師を対象としたものづくりの魅力講座の実施
     上記、児童生徒に対するものづくりの魅力講座を実施する前に、受講者の担任教師等へものづくりマイスターの「ものづくりの魅力を伝える講話と実演」を行い、理解を深めることにより、児童生徒等に対する講義を、より効果的に充実したものにできるように実施します。
  3. 児童生徒の保護者を対象としたものづくりの魅力講座の実施
     上記、児童生徒に対するものづくり実演と体験教室を実施する時に、受講者の保護者を集めて、ものづくりマイスターの「ものづくりの魅力を伝える講話と実演」を行い、子供たちが体験している講座の理解を深めていただけるように実施します。
  4. ものづくり現場の見学学習
     小中学校等の生徒等が、職業教育の一環として技能、技能者の役割等への理解を深め、産業活動の基礎となる技能者の育成を図るとともに、技能尊重気運の醸成を高めることを目的に、ものづくりマイスターが関連する企業の協力を得て、当該職場の見学学習を実施します。
     具体的には、建築大工、左官等の建築現場、機械加工・機械組立て等の訓練施設、パン製造、菓子製造等の食料品関係職場、などの複数の現場を1日で訪問見学し、ものづくりマイスターの講義を加えながら技能の魅力をわかりやすく理解できる機会を提供し、それぞれの職種の比較も可能となるよう配慮します。
  5. ものづくりマイスターの働く職場での職場体験実習
     職業教育の一環として、小中学校等の生徒等を対象に、一人親方や自ら事業を営んでいるものづくりマイスターの職場において、当該職場独特のものづくり体験の実施を含む職場体験実習を行う機会を提供し、技能や技能者の役割等への理解の促進を図ります。

詳細はこちら

お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ
ページの先頭へ